FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

今日は休日。

午前中に「ふれあいネコ展」に行ってきて、猫をいっぱい見てきた。癒された。
もふもふ、まふまふしている猫は、可愛い。
特にスコティッシュ・フォールドが可愛いかった。

ネコ展からの帰り道に、ゲームショップに寄った。懐かしいゲームショップだ。中学生の頃に安売りしていたセガサターンのソフトを4枚くらい買った記憶がある。PS3が欲しいな、でも高いんだよな、という葛藤。
ゲームを見て何も買わずに店を出た。

ゲームに1番夢中になったのは、小学生〜中学生時代だ。
任天堂64とゲームボーイが大好きだった。
ゲームボーイソフトの名作はやっぱりメダロットだと思う。

任天堂64なら、ゼルダの伝説時のオカリナがやっぱり大好きだ。親戚の家でよく遊んだ思い出深いソフト。
時のオカリナのミステリアスな雰囲気がすごく好きだった。音楽とかグラフィックも。

東京ポッド許可局の「受験論」を聴く。受験といえばやはり「高校受験」。すべり止めで受けた高校のトイレに、ポケモンのシールが貼ってあったのを覚えている。たしかザングース
高校受験が終わった日は「やっと受験乗り切った」という思いが強かった。
受験を終えて帰宅してビデオに録画してあったドラマ「時効警察」を見たんだ、確か。

シュールな雰囲気が大好きだった。
中学生の頃からテレビドラマにハマり始めたのかもしれない。

タイトルは忘れたけれど、何かのドラマでメイドさんが登場して「ごめんなさいご主人様」って頭を下げて謝った時に胸の谷間が見えて、もう思春期の中学生男子にとっては大発見だよね。一時停止したもん。

可愛い女の子の胸の谷間にハサまれて眠りたいですよ、願わくば。

おやすみなさい。



広告を非表示にする