読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

小説 「夜桜を見る夜に君を見る」

「みんなで夜桜を見に行こうぜ」

 

そんなラインが、夏也(なつや)から届いた。

楽しい事を企画したりイベント事が大好きなあいつが、ニコニコした顔でiPhoneを見ている姿が思い浮かぶ。

「いいよ」と返事をし、集合場所のコンビニに向かうために家を出た。春先の風はまだ冷たいけれど、少し心地良い。

「誰が来るの?」なんて事は聞かない。聞かなくたってわかる。

僕たち4人は、いつも一緒だから。

 

近所の公園は、夜桜見物に来た人々で賑わっていた。

なかなか進まない車の列を見て、「やっぱり歩きで来て正解だったね」と春嘉(はるか)が言えば「いや、でも車ほしいわーカッコいいやつ」と夏也がぼやく。

そんな会話をする二人の背を眺めながら、僕と美冬(みふゆ)は歩いていた。

「こんなに見に来る人が多いなんてびっくりだよね、秋乃里(あきのり)」

「だな。正直びっくりした」

少し歩くと、休憩スペースと、焼きそばや唐揚げの出店が見えてきた。

「俺たちちょっと出店見てくるけどどうする?」

美冬は「私はちょっと休憩したいかな」と言ってベンチに腰掛けた。

「了解ー」という言葉を残し、夏也と春嘉は出店へと向かった。

僕も美冬の隣りに腰掛けた。

 

「すごいね、桜。なんか迫力があって。ちょっと怖いくらいに綺麗」

 

「怖いくらいに綺麗って言葉はすごいな」

 

賑わう夜の公園の中、美冬の声は凛としていて、僕の耳にスーッと響いてくる。

 

「夜桜だけじゃないでしょ、秋乃里が見てるの?」

 

「えっ!?」

 

「私たち4人は小学生の頃からずーっと一緒だし。なんかわかるんだよね」

 

そう。

 

僕たち4人はずっと一緒。小学校、中学校、高校も。

 

いや、ずっと一緒だった。ついこの前までは。

 

この春からは、4人それぞれが違う大学に進学したのだ。

 

この春からは、違う青春ストーリーが始まります。みたいな感じ。

 

「ずっと4人一緒だったから切ないなー。」

 

美冬がポツリと言ったその言葉は、まるで桜の花びらが散るかのように儚かった。

 

「美冬の事が好きだ。俺と付き合って」

 

なんて言葉を言えるわけがない。

 

夏也と春嘉が戻ってきた。あんな風に二人仲良くなれたらな。

 

夜桜の余韻に浸りながら、帰り道を歩く。

 

青春映画の終わりの様だった。

 

春風がさっきよりも冷たいのは、少しだけ切なさが混じっているからだろうか。