読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

昨日の出来事1228

12月28日。夜勤明けで帰宅。
昼食を食べ、お風呂に入った後に眠る。目が覚めたのは夕方の6時過ぎだった。リビングに降り、何気無く見たTV画面には「サザエさん」が映っていた。
ワカメちゃんと友達らしき人が出ていた。
割合的に平日休みで土日は仕事のほうが多いから、サザエさんシンドロームって感覚はあまり無い。


サザエさんシンドローム、S.S.Sだ。アジカンの「N.G.S」か。
シンドローム、ナイトメアシンドロームって技がデジモンの技であった気がするなんでそんな事は覚えているんだろうか。
日曜日といえばやはりアニメ「デジモン」だ。
当時子どもの頃、リアルタイムで見ていた。ポケモンデジモンには多大な影響を受けていると思う。

夕飯は家族でラーメンを食べに出かけた。
冬に食べる「みそとんこつラーメン」の味は格別に美味しい。

夜中に「絶対笑者」という番組を見た。「漫談家特集」ということで、つぶやきシローユリオカ超特Q、ナオユキの三人の芸人が出ていた。
つぶやきシローの「ムカつくことあるよね」はやっぱり面白かった着眼点が心地良い。かゆいとこに手が届く感じ、日常のシーンの絶妙なポイントをついてくる。

ユリオカ超特Qの漫談スタイルが1番好きかもしれない。センターマイク一本で喋り倒す感じ、時事ネタも織り込みつつ。流暢な語り口がカッコいい。らっしゃい。

ナオユキは昔R-1ぐらんぷりで見たことがある。ふらりと現れて、ぼやいていく。その「ぼやき」がたまらなく面白い。「雑居ビルの四階」とかクセになるフレーズがあるんだよなぁ。

つぶやきシローは、それこそ俺が子どもの頃にポケモンのアニメ見てる時「ガチャ王」のCMに出ていた気がする。

その後「ドキュメント72hour」を。三日間ある場所で定点観測し、そこでの出来事や出会った人物を撮影していくというもの。前々から気になっていたのが見逃してしまう事が多かった、今回年末スペシャルをやることを知り楽しみにしていたのだ。結構長い時間放送するらしく「眠くなるまで見るぞ」と思い夜更かしへと洒落込んだ。

国道16号線、巨大シェアハウス、動物病院。

俺の知らない世界がそこにはあった。国道16号線においては「あ、なんかこういう景色知ってるかも」という風に思ったけれど。

人々のありのままの姿がそこにはあって、俺はハッとしてしまう。

だからドキュメンタリーが好きなのかもしれない。

人々には、それぞれの暮らしがある。
その生活も、ある種の名前無き撮影のされていないドキュメンタリーなのかもしれない。

高校生の頃、携帯電話の動画撮影機能で、なんとなく動画を撮影していたりした。ファミレスで料理が来るのを待っている時とか、何気無い瞬間に。友達が「あの塾は嫌だ」みたいな話をしていたのを撮った記憶があるなぁ。携帯電話も機種変更してしまったから、動画はおろか高校生の頃に撮った写真は全部無い。結構今になって「うわー」とちょっとした後悔している気持ちは少なからずあるんだよな。

青春時代ってドキュメンタリーフィルムを撮りたかったのかもしれない。

俺の瞳がカメラでまばたきがシャッターでスイッチならば、脳内がデータベースならば、生き様全てを見てきた全てを途方も無い景色を、声を、表情を記録することが出来るだろうななんて妄想。

自分の中でドキュメンタリー作品ブームがきているのかもしれない。今年大ヒットしたあの曲のワンフレーズじゃないけれど、まさにみんなありのままの姿を見せてる。

見ていると、むきだしのリアルに、逃れようのないリアルにハッとさせられ、何も言えなくなる瞬間がある。その瞬間を味わいたいのかもしれない。

国道16号線の回に出てきた、バッティングセンターで遊ぶ若いカップルの姿が無垢で、まるで天然物の恋愛映画を見た気分になった。何も言えなくなった。



番組全部見たかったけれど、やはり途中で睡魔に負けてしまい就寝。

ウォークマンで曲を聴きながらブログを更新した。
聴いた曲はこちら、シャッフルモードで聴いたから順番はバラバラ。

「熱帯夜」

「恋心」

「Hey ライダー」

「中学一年生」

PLUTO
SOIL&”PIMP”SESSIONS

「Sexy Sadie」

「STOOGES」
PONTIACS

「ありきたりな女」

「いいコになんかなるなよ」

「電波圏外SAYONARA」


広告を非表示にする