読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

BaseBallBear小出祐介プレゼンツ「声に出して読みたい『BOYS BE...』特集」が最高でした。

もう10月。

早い気がする。
今日は休日だった、用事があるので出かけてきた。
車内ではThe Strokesの曲をシャッフルで聴いていた、ジュリアン・カサブランカスの歌声がカッコいい。
「The Modern Age」って曲がお気に入り。
用事が終わってからたこ焼きを買って家に帰って食べた。
たこ焼き屋さんを出たらもう夕暮れ時で秋の空が綺麗だった。
何気ない休日の瞬間だけど、空が綺麗で秋の空気が澄んでいて「わ、なんかこういう秋の雰囲気良いよなぁ」と思う。

先日「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」の「声に出して読みたい『BOYS BE...』特集」を聴いたのですが、かなり面白かった。
ロックバンドBaseBallBearの小出さんの持ち込み企画、大好きなバンドのフロントマンが大好きなラジオに出演するという展開はそれはテンションが上がるよ。
『BOYS BE...』という漫画を読んだのは、たしか中学生の頃だったと思う、当時行った1000円床屋に置いてあったんだよね、待ち時間暇だし漫画でも読むかーと思って選んだのが『BOYS BE...』で。正直甘酸っぱくてドキドキしながら読んでた。「うわ、なんだこの感情!?」的なね。ああいうラブコメっぽい雰囲気の漫画ほとんど読んでなかったからなぁ、その時読んだのが多分最終回だと思うんだけど、見開きで今まで登場したキャラクターがずらーっと描いてある絵がすごく好きだった、ああいう今まで登場したキャラクターが集結みたいな絵が個人的に好きだったから、印象に残ってる。小出さん持ち込み企画なら「ナンバーガール特集」も最高だったな、歩んできた青春と聴いていた音楽が物語る小出さんの青春時代の話がグッときた。『BOYS BE...』特集でも話していたけど、小出さんの青春時代のエピソードは本当に映画的ですごくステキだと思った。

東京ポッド許可局の「聴取率を考えてみた論」も先日聴いたのだけれど、かなり興味深い内容だった、ラジオ愛に溢れた熱い回。
昔読んだ雑誌『お笑いラジオの時間』の記事で、サンキュータツオさんが「テレビは音もあるけど観なきゃいけない、だけどラジオやポッドキャストは耳だけで受け身で情報が入ってくる、そういう意味では一番利便性の高いメディアであることは間違いない」というような事が書いてあって、読んですごく納得した。
何かをしながらながら聴き出来るラジオやポッドキャストは便利だ、実際に俺も洗濯や食器を洗っている時などはポッドキャストや大好きなラジオの過去放送を聴く事が多い、寝る時も何か聴くならラジオやポッドキャストを選んでしまう。
散歩中歩きながら聴くのは専ら音楽、見える景色と聴こえてくる音楽が溶け合うような、ありふれた日常の風景に音楽が重なっていくような感覚が好きだ。

ウォークマンで音楽を聴きながらブログを更新した、こんな曲を聴きながら。

「ノーボーダーポエトリーディング」
狐火

「Just Do It!」

「クロニクル」


「My Life」

「階段」

「sockernos」

「ワールドワールド」

「恐るべき大人達」

「Tornado Surfer」