読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

『エルマーのぼうけん』は児童書のクラシック中のクラシック

久々のブログ更新。
夜勤代行を終え、27日の朝に帰ってきて、朝ごはんを食べつつ「情報ライブビビット!」を見ていたら「絵本特集」だった。
「りんごかもしれない」という絵本が面白そうだなと思った。
子どもの頃に読んだ絵本で覚えているのは『おしいれのぼうけん』だ。あれは絵本のクラシック中のクラシックだと思う。絵本じゃなくて児童書だけど『エルマーのぼうけん』シリーズが子どもの頃すごく好きだった。
三部作の最後で冒険から帰ってきたエルマーがいっぱいごはんを食べた後で猫に冒険を感想を聞かせるシーンが好きだったな。
幼い頃に『エルマーのぼうけん』を寝る前に読んでいたら歯が抜けてしまって血が出てしまってページの一部を血で汚してしまったのを覚えている、あれは何だか申し訳ないことをしてしまった。

なんとなくテレビをザッピングしていたら「時々迷々」というドラマが放送されていた。NHKの午前中にやってるドラマ。「今もこういうのやってるんだ子どもの頃好きだったなー」と思いネットで調べてみたらどうやら「さわやか3組」に代わって放送されているらしい。
「昔見ていたなさわやか3組」と何だか懐かしい気持ちになった。

朝食を食べ終えてパソコンを。ウォークマンをシャッフルにしてこんな曲を聴きながら。

「Mirrors」

「秋の下で」

「八月の詩」

「ガールフレンド」
石崎ひゅーい

「海へと」


「Black Market Blues(AlbumMix)」

「勝ち戦」

「チェリー」

新呼吸

「夏祭り」


「SUNNY BLUE」

「楽園の階段」
SKE48teamS

「カラフル」
MO'SOME TONEBENDER

「COME ON(VERSION 2)」

「桜」

「リモートコントローラー」

「鯱」
高橋優

「黒い太陽」

「Fun-key4-1」

「ALL AS I,ASI'MALL」

「Crazy Babar」

「HELL」

「髪の毛」
女王蜂

「愛と笑いの夜」


「ハヤテ」

「白い薔薇が白い薔薇であるように」

「青春時代」

「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」

眠気がピークに達したので眠る。
Mステ始まる15分前くらいまで爆睡してしまった。
夕飯食べつつMステを見る。星野源の新曲がめちゃめちゃカッコ良かった。