読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

狂犬は吠えるがめちゃイケは進む

「当たり前じゃねぇからなこの状況!」


仕事から帰ってきたばかりの疲れた身体に、リビングのテレビの画面から聞こえてきた加藤浩次の叫びが反響するようだった。
「あ、そうか今日のめちゃイケは」と思い途中から見始める。
「10年前に芸能界から消えた加藤浩次の元相方は今」「極楽とんぼ10年ぶりの共演」そんなテロップが画面上に並んでいる。めちゃイケ極楽とんぼの山本が復活する事は知っていたが、知っていたけれどもやはり目の当たりにすると、信じられなかった。

「これ逃したらもうなんにもねぇんだよ俺ら!」

加藤浩次が叫び、ダン!とボクシングのリングを見立てたセットの床を踏む。
リングの中には極楽とんぼの二人が対峙している。加藤と山本。10年ぶりにめちゃイケ極楽とんぼが舞い戻ってきた。

山本が何故テレビに出る事が出来なかったか、何をしたのか、不祥事についてはこのネット社会調べるのには容易いだろう。当時ニュースで報道された時はショックを隠せなかった。
子どもの頃は極楽とんぼがMCをしていた「天才てれびくんワイド」を毎週楽しみに観ていたし、何よりもやはり「めちゃイケ」である。

おそらく中学生の頃だろう。初めて「めちゃイケ」を観てそのあまりの面白さに打ちのめされ、毎週毎週土曜日が楽しみになっていった。
PTAが物議を醸したコーナー「しりとり侍」内での「プリソ」の一言だけで心底笑った、「ハイドロプレーニング現象」という言葉はきっと「数取団」を観ていなければ一生知ることはなかっただろう。「山奥」「スモウライダー」あの頃のめちゃイケには、俺がテレビの前でゲラゲラ笑っていためちゃイケには、まだ山本がいた、極楽とんぼがいた。

山本の不祥事、翌朝のニュース番組での加藤浩次の号泣。狂犬と呼ばれた芸人、加藤浩次の涙。
今まで観ためちゃイケの中で一番笑ったのはやっぱり加藤浩次。「フジテレビ警察24時」のコーナーで、突如テレビ局内に出現したダースベーダーダースベーダーが持つライトセーバーを奪い、そのライトセーバーを膝折りした加藤浩次だった。心底笑った。
あの頃、ニュースで報道される度に「めちゃイケ」が好きで「めちゃイケ」で育った俺は複雑な気持ちになった。

10年ぶりの共演のスタジオには、山本を慕う山本軍団も集まっていた。その芸人たちの中にロンドンブーツ1号2号の田村淳がいた。歯に衣着せぬ痛快な本音トークがトレードマークの田村淳が泣いていた。

山本を好きだと慕うことはこの仕事をする上でリスクしかないと話す加藤浩次、彼が山本に向かって放った「淳なんかそれで何人敵作ったんだよ!」この言葉で加藤浩次の本気を確信した。
テレビだから、めちゃイケだから、関係無い。加藤浩次は容赦しない。本気で山本と対峙している。

その後、極楽とんぼは謝罪し、徐々にいつもの「めちゃイケ」の雰囲気に戻りつつあった、そのタイミングで極楽とんぼの真骨頂「ケンカコント」が始まる。セットにぶつかり倒れる山本。10年ぶりのケンカコント、そこにエレファントカシマシの宮本の歌声がかぶさる。「さぁ頑張ろうぜ」と。

「お前のことな、いくら蹴っても苦情なんてこないんだよ!」

加藤浩次が渾身の一言を叫ぶ。

極楽とんぼとは唯一無二の二人組だったのだ。
彼らのケンカはどこかチープで漫画的だ、だからこそ笑えてしまうのだ。

「お前の輝きはいつだって俺の宝物」とエレファントカシマシ宮本が歌う。

山本の面白さが輝くからこそ狂犬加藤浩次の咆哮が際立つ。

二人の芸人の吠え魂が日本中に響き渡った夜だった。

山本が起こした不祥事を擁護・肯定するつもりは微塵も無い。

ただ俺は言いたいだけ「極楽とんぼは面白い」と言いたいだけだ。