読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

青春、星座。

中学生の頃の話だ

 

ある日の事、親友から、ハマっているロックバンドの名前を教えてもらった。

「シロップ16g」

名前からして衝撃的だった。さらに衝撃的な事を教えてもらう。

 

「血を吐く女の人の歌がある」

 

衝撃に衝撃が重なった。

 

気になった俺は、後日、近所のTSUTAYAでアルバム「Hell-see」を購入した。

曲目を確認すると「吐く血」という曲がある。このアルバムで間違いない。

夜に、ドキドキしながら聴いた。

一曲目の「イエロウ」が流れてきた瞬間、心を鷲掴みにされた。

切れ味がある歌詞、暗く静かに響いてくるサウンド。

 

カッコいい。

 

中学生の俺は一時期、気になったアーティストやロックバンドに、自分なりのキャッチコピーを付けるという行為にハマっていた。

ノートを開いて「シロップ16g」と書くと、こう書いた。

「ビューティフル・ネガティブ」と。

 

中学生の頃、近所にある本屋さんのCDコーナーに、シロップ16gのCDがあった。

確か「タクシードライバー・ブラインドネス」だった記憶がある。

友達と「いつかこのCD買いたいな」なんて話していたら、その本屋は潰れてしまい、コンビニになった。

店内を見ても、タクシードライバー・ブラインドネスのCDは売って無かった。

 

中学生時代を振り返るアイテムとして卒業アルバムがあるが、アルバムはアルバムでも、俺の場合はそこにバンプオブチキンのアルバムと、シロップ16gのアルバム「hell-see」を加えたい。

 

俺の青春時代の、テーマソングみたいな音楽なんだ。

 

大好きで当時よく聴いていた音楽が、記憶する風景は思ったよりも鮮明で細やかな印象がある。

親友と電話したり会って遊んだりすると「中学生時代」の話になる事が多い。俺は懐かしい昔のエピソードを聞いたり、話したりするのが大好きだ。

 

伊集院光さんのラジオ「深夜の馬鹿力」が大好きだ。

退屈な毎日に溺れそうな俺を、妄想力と巧みな話術の馬鹿力で引き上げてくれる。

伊集院光さんが、中学生の頃のクラス会に行った時の話を聴いた時、面白さに笑いながらも、ノスタルジーにもよく似た、懐かしい気持ちが重なった。

 

青春時代を思い出しながらのおしゃべりは、懐かしさと面白さが混じり合う。

 

俺は、その感覚が大好きなのかもしれない。

 

 

今夜は友達と一緒に夕飯を食べに行く。

 

楽しみだな。

 

「あれ楽しかったよね」「あーあの時のさ」そんな風に話していくと、点々とエピソードが繋がって「青春時代」という星座が浮かび上がる感覚がするんだ。

 

星座。

笑い男の星座。

浅草キッド

水道橋博士

 

水道橋博士は俺の憧れの人物である。

活字界という広大な宇宙空間の中で、まばゆい光を放つ「博士のメルマ旬報」は俺にとっての憧れの星座だ。

 

いつの日か、連載したい。

 

そんな憧れをエネルギーに、俺は俺の日々を思いを過去をブログに刻んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする