読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FamilyMartってTommy heavenlyとちょっと文字の雰囲気が似てる気がするBlog

何気ない日常、音楽や映画や小説やテレビなどの感想。

ヒーローはビデオの中

2連休明けの仕事。
夕方まで仕事をし、夜からまた用事があるので職場へ行かなければならない。

2時間弱程空いたので、マクドナルドに行き軽食を。なんだかティファニーで朝食を。みたいなニュアンスだ。

時間があったら本屋にも行くつもり。

外は晴れていて、気持ちのいい夕方だ。
晴れている夕方っていいな。

景色の綺麗な眺めのいい場所へ行き、コーヒーを飲もうかなと考えていたけれど、やっぱり予定を変更した。

受け取ったレシートの裏が、割引券みたいになっているのを見て思い出した。

高校生の頃に、友達何人かで集まって、マクドナルドのレシートの裏に割引券みたいなのがあったからフライドポテトがすごく安く買えたのだ。で、みんなレシートを結構持っていたからフライドポテトをたくさん買って、自転車こいで友達の家に行き、フライドポテトを食べながらDVDを見た。
たしか、堂本剛が主演の「ドラマ 金田一少年の事件簿」とダウンタウンガキの使いやあらへんでのDVDだった記憶がある。青春だったなー。なんか楽しかった。マクドナルドのフライドポテト食べて、だらだら喋ってるだけなのに。

たしか見たDVDはガキ使の「24時間鬼ごっこ」のやつだ。正直あの企画は「面白い!」よりも「うわ、過酷だなーきつい」という気持ちが先行してしまい、俺はあまり好みじゃない「笑い」だった。
ダウンタウンのトークが大好きなんで、ガキ使のDVDもトーク傑作選ばかり借りていた俺。
大晦日の風物詩になりつつある「笑ってはいけないシリーズ」も面白くて好きだけれど放つ「笑い」の濃さと強さに圧倒され、結構疲れてしまうんだよなぁ。
板尾創路さんが登場するシーンと、芸人がガキ使レギュラー陣のエピソードを報告するシーンは好き。板尾創路さんの存在感というか世界観は笑ってしまう。
笑ってはいけないハイスクールが一番好きかな。実はしっかり見た回はハイスクールだけかもしれない。

ガキ使トーク傑作選のビデオが安売りしてあったから、買って一時期何度も見ていた。ダウンタウンの二人がトークするあのシルエットがカッコよかった。
髪をまだ伸ばしている若かりし頃の松本人志さんの姿も新鮮だった。

しかし、空すごく綺麗だな。

綺麗な空を見るだけで癒される。

青空。青い空。

くるりの「青い空」という曲が聴きたくなった。

初めて買ったロッキングオンジャパンはくるりが表紙で「くるりの歴史」特集だった。
くるり、大好きなロックバンドさ。

ロックバンドとお笑い芸人。

青春時代からずっと俺にとってのヒーローみたいな存在。

ビデオに録画された音楽番組。「ジンジャーエール買って飲んだ」と歌う岸田さん。ガキ使トーク傑作選のビデオでトークを炸裂させる松本さん。

あの頃、俺の好きなヒーローは、ビデオの中。

何度も何度も見た、映画「GO」窪塚洋介さんも忘れちゃいけないな。